M&Aのメリットとは|後継者がいなくても安心

会社を合併することの利点

仕事

会社を合併することの利点

会社を合併することのメリットは様々あります。会社の合併に関する用語として、「M&A」というものがあります。M&Aとは、会社の合併(merger)と株の買い占め(acquisition)の頭文字を組み合わせた用語です。M&Aを大別すると、敵対的なM&Aと、有効的なM&Aに分けられます。会社法では、有効的に会社を合併する方法として、株式の移転や会社の分割などが定められています。会社の規模にもよりますが、一般的に、会社を合併することは一大事ですから、急激な変化を抑制するために、様々な方法が定められているのです。しかしながら、M&AのAの部分、「株の買い占め」においては、その限りではありません。株の買い占めという行為は、その対象である会社の同意を必要としません。同意を必要としないということは、急激な変化を意図的に起こすこともできるということです。そのため、株の買い占めという行為は、敵対的M&Aの方法としても用いられています。M&Aには様々なメリットがありますが、メリットだけにとらわれるのは非常に危険です。メリットを追い求めた結果、社会的な信用を失ってしまっては元も子もありません。これはM&Aに限った話ではありませんが、メリットというのは追い求めるものではなく、後から付いてくるものです。M&Aという言葉に対して良いイメージを持っていない人も少なくありませんが、M&Aを上手く活用すれば、会社の価値の向上や価値の下落の抑止につながります。M&Aという言葉に拒否反応を示さずに、正面から向き合うことが大切です。