M&Aのメリットとは|後継者がいなくても安心

合併・買収の利点とは

模型

事業拡大の近道

会社の経営者にとってビジネス拡大は自らの評価に関わる重大事項です。オーナー経営者であればともかくとして、いわゆるプロ経営者やサラリーマン社長と呼ばれる立場にある人はいかに優秀な業績を上げるかが今後のキャリアに直結することから、常にビジネスの拡大策を考える必要があります。地道に事業を継続することも重要ですが、いっきに業容を拡大しようとした場合に有効な方策の一つにM&Aがあります。M&Aは合併や買収を総称した言葉で、それにはメリットとデメリットのどちらもあることから、実行するにあたっては慎重な検討が必要です。ここでは、主にM&Aのメリットについて考えていきます。まず、一つ目のメリットは何といっても時間をかけずに既存のビジネスを手に入れるということがあります。一から事業を立ち上げようとすると時間も人手もかかりますが、すでにある会社を買うことによってそれらの手間を省略することができます。加えて、二つ目のメリットとして、買収した事業が自社のビジネスとシナジーがあれば、相互に作用することによって単純に二つのビジネスを合計した以上の効果が得られる可能性があります。例えば、事業拡大によって購買コストが低減できたり、自社の商品を買収した会社の販路で販売できるようになるといったことです。さらに、M&Aにはビジネスだけでなく、それに従事する優秀な人材を手に入れることができるという利点もあり、彼らがさらに魅力的な事業を自社にもたらしてくれることも考えられます。