M&Aのメリットとは|後継者がいなくても安心

企業買収をする利点とは

握手

具体的な利点と内容

M&Aはその買収の目的に応じて様々なメリットがあります。M&Aにはまず規模やシェアの拡大というメリットがあります。同業他社を買収することで市場シェアを一気に倍増したり、売上を増大させることが可能になります。しかもこの買収によって、自社内の工場の生産効率向上やサプライチェーンの効率化といった面での恩恵も受けられる場合があります。また、M&Aには事業の多角化や異業種参入を可能にするというメリットがあります。例えば製品の生産と卸売り業を営んできた企業が販売会社を買収することで、川上から川下まで自社で全てをカバーすることが可能になります。これによって販売面でのデータがダイレクトに入手できることから、生産計画をより早く調整したりしてコスト削減や生産の効率化につながるといったメリットがあります。さらにM&Aには新規事業に参入できるメリットがあります。これは自社だけの技術では新規事業を立ち上げるのが難しいような場合でも、それに必要な技術やノウハウをもった企業を買収することでより早く事業をスタートさせることができるようになります。さらにその事業が軌道に乗った場合には両社のシナジー効果により、非常に効率的な事業展開が可能になります。上記のようなメリットがさらに事業の成長のための時間を節約できるという別のメリットを生み出します。事業を最初から立ち上げると業種によっては開発費用や販路の開拓、新たな人材の採用といったコストや時間が多くかかります。しかしM&Aによってこのような点が払拭され、一気に事業展開することも可能となります。